« 80万アクセス到達でFACEBOOK普及を考え、この日にあった本屋大賞発表と将棋名人戦第1局ことを書く | トップページ | 深夜アニメ『坂道のアポロン』が素晴らしい »

2012年4月21日 (土)

第60期王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦で郷田真隆棋王が杉本昌隆七段とのマサタカ対決を制しベスト8進出

3月17日に新たに棋王タイトルを獲得した郷田真隆九段。棋王としての対戦は、3月22日の竜王戦1組のランキング戦2回戦、4月12日の棋聖戦決勝トーナメントの準決勝と続けて、深浦康市九段との対戦となった。惜しくもどちらも敗れ、竜王戦では敗者復活戦である4位決定戦に回る。棋聖戦では、3年連続で5年のうち4年、挑戦者決定戦への進出を逃した。

棋王としては3戦目となるのは、王座戦の挑戦者決定トーナメント1回戦。昨年度中の二次予選で青野九段、鈴木大介八段を破っての3年ぶりの挑戦者決定トーナメント進出となった。対戦相手は杉本昌隆七段。名前がともに「マサタカ」。マサタカ対決は、2001年度以降では2戦で郷田棋王の2勝という結果が残っている。

振り駒で郷田棋王の先手。後手の杉本七段は振り飛車党でゴキゲン中飛車に構え、郷田棋王はゴキゲン対策の決定版「超速▲3七銀戦法」で対抗する。杉本七段は穴熊で玉を守り、郷田棋王は左美濃から銀冠に組み替え、上から穴熊を圧迫する。
杉本七段の飛車成りを手抜きして郷田棋王は玉頭に狙いを定めた端攻めに着手する。▲9九香に加え、▲9八香打、▲9七香打と3枚の香車が縦に並ぶ珍しい形ができあがった。さながら香車の三段ロケットの完成である。上二段の香車は杉本陣を上から攻める。杉本七段は持ち駒の金・銀を自陣に打ち、自陣に引き戻した馬に、金3枚・銀1枚で穴熊を補強して粘りに出る。郷田棋王は馬交換で馬を消し、銀を引きずり出して、少しづつ守り駒を剥がし、歩、桂馬、銀に竜と角を投入して一気に寄せた。

郷田真隆棋王 vs 杉本昌隆七段戦の棋譜
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=75131

次の準々決勝は丸山忠久九段と木村一基八段の勝者と戦う。王座挑戦まであと3勝。ぜひ二冠を目指して頑張ってほしい。

|

« 80万アクセス到達でFACEBOOK普及を考え、この日にあった本屋大賞発表と将棋名人戦第1局ことを書く | トップページ | 深夜アニメ『坂道のアポロン』が素晴らしい »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/54522803

この記事へのトラックバック一覧です: 第60期王座戦挑戦者決定トーナメント1回戦で郷田真隆棋王が杉本昌隆七段とのマサタカ対決を制しベスト8進出:

« 80万アクセス到達でFACEBOOK普及を考え、この日にあった本屋大賞発表と将棋名人戦第1局ことを書く | トップページ | 深夜アニメ『坂道のアポロン』が素晴らしい »