« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月16日 (月)

郷田真隆棋王、第6回ネット将棋最強戦2回戦で三浦弘行八段に勝ち準決勝進出

日曜日の夜8時からインターネットを通じて選抜されたプロ棋士16名が対戦するネット将棋最強戦。郷田真隆棋王は初めてこの棋戦が開設された6年前の第1回の優勝者である。
しかし、その後は第2回大会で準決勝まで駒を進めたのが最高で、第3回、第4回は久保八段、森内九段に初戦敗退。出場者の基準が変更になった第5回は1回戦山崎七段に勝ったものの、2回戦で村山五段に敗れた。

今年の第6回大会では、1回戦で棋王戦の挑戦者を争った広瀬章人七段を破り、2回戦に進んだ。2回戦の相手は、A級棋士の三浦弘行八段。プロ棋士となったのは郷田棋王が先だが、郷田がA級定着までに2回のA級陥落の辛酸をなめたのに対し、三浦八段は平成13(2001)年の第60期順位戦でA級昇級後12期連続でA級の地位を維持している。

これまでの対戦成績は郷田が13勝10敗でリードしているが、2004年度~2007年度の4年間は8戦して郷田の7勝1敗と圧倒していたのに対し、2008年度~2011年度の4年間は7戦で三浦の5勝2敗と三浦八段が差をつめてきている。
今年度は、対戦が多く6月に順位戦と日本シリーズで対戦。順位戦では三浦勝ち、日本シリーズでは郷田勝ち。1勝1敗でこのネット将棋最強戦を迎えた。

第6回ネット将棋最強戦2回戦 郷田棋王vs三浦八段戦の棋譜

今年3回目の対戦となる昨日(2012/07/15)は、三浦八段の先手。お互い居飛車党の二人なので、先手▲7六歩に対し、後手郷田棋王は△8四歩と応じ、角換りの将棋へと進んだ。角交換の将棋は先後同型で一定手順まで進むことも多く、その通り進むと先手有利といわれ、後手番の対策が課題だが、昨日は先後同型には進まず、三浦八段が早めに左の桂馬を2回はね▲4五桂まで進み、後手陣突破を狙う。手順で駒がどんどん前に進む感じで、三浦八段側に勢いがある。

郷田棋王は手抜きをして三浦陣に△2八角と香車取りに打ち込み、反転攻勢を目指すが、三浦八段はひるまない。なんと、飛車切りを敢行し、郷田玉の守りを崩し、と金作りにも成功した。駒の損得は、飛車と金・桂の2枚換え+と金。そこから三浦八段の攻撃が続く。
郷田棋王は防戦一方で、先ほど打った角が馬となって三浦玉を脅かす働きができるか、その前に三浦八段が「と金」攻めで郷田玉を追い詰めるかのスピード勝負になってきた。

三浦八段が▲7五桂打ちと郷田玉の退路封鎖に出た手に対し、ようやく郷田棋王は△4六角成と三浦玉を馬筋にとらえる。三浦八段はかまわず攻め続け、▲4二金と打って王手。△6二玉とかわした郷田棋王に対し、▲4三「と」とと金の参加による手厚い攻めを目指す。
ここではじめて郷田棋王が反転攻勢に出て、三浦玉に対して王手をかける△5四桂打ち。三浦玉を▲7九玉と一段目に落とし、さらに飛車筋から△8六歩とこちらも挟撃を目指す。三浦八段は▲8六歩と突かれた歩を取るのではなく▲8八玉と玉の顔面受けも辞さずとの強手で応じる。

双方譲らぬ強気の殴り合いが続く展開で、いったんは劣勢に立たされた郷田棋王がかなり挽回したものの、まだどちらが勝ってもおかしくない展開に見えた。

着々と三浦玉の包囲網を狭める郷田棋王に対し、三浦八段も▲5二「と」と王手、△7二に玉と逃げ▲6一「と」と詰めろ(▲6二金打ちまで)をかける。
ところが、それまで△8二にいて玉の退路を塞いでいた飛車が△8六飛と走り、玉の逃げ道を作るとともに王手。この捨て身の飛車を取ると負けということで、三浦玉は▲9七玉と逃げるしかなかった。そこで△7八成桂と守りの要の金を取って、今度は郷田棋王が詰めろ(△8七金打ちまで)をかけた。
三浦八段としては、郷田玉を詰ますか、詰めろ逃れの詰めろを繰り出すかしか手はないが、結局郷田玉を詰ますことはできず、三浦八段の投了となった。

ずっと眠っていた△8二の飛車の攻撃力が△8六飛で最後に一気に炸裂した感じで、「郷田一刀流」の面目躍如であった。

これで第2回大会以来のベスト4進出。準決勝の相手は最強の敵羽生善治二冠(王位・棋聖)である。2回戦は、もう1局、渡辺竜王vs豊島七段戦が残っているが、もし渡辺竜王が勝てば、準決勝は羽生善治二冠vs郷田真隆棋王、佐藤康光王将vs渡辺明竜王というそれぞれタイトル保持者同士が激突する準決勝となる。
郷田棋王には第1回大会以来の6年ぶりの優勝を果たし、今期後半戦へ向けて勢いをつけてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

ノートパソコン(HP Pavilion dm4)+WiMAXのスマートフォン(HTCJ)を持って外に出る

前回の記事でスマートフォンをauのIS03から+WiMAX機能がついたHTCJ(ISW13HT)に機種変更したことを書いた。 +WiMAXでスマホが無線ルーターの役目を果たせることになり、無線LAN対応のノートパソコンを自宅の外に持ち出してもインターネットへの接続が可能になる。
ちょうど、重さ2kgのヒューレッドパッカードのノートパソコンを衝動買いしたばかりで、道具は揃った。ならば使ってみなくては・・・と、今日はリュックサックにノートパソコンを詰めて、喫茶店(ドトール)にやって来た。

現在、ノートパソコンの主流は15.6インチの液晶画面を備えた製品だが、これだとどこのメーカーも重さが2.5kg以上。もう少し軽く持ち歩けるものと考えて、HPの「Pavilion dm4」を選んだ。画面は14インチとひと回り小さいが、その分全体がコンパクトになっており、ドトールの2人がけの机にもなんとか収まる。

Hptimage1

これから真夏を迎え、どんどん暑くなる中、家でエアコンをかけて貴重な電力を浪費して暑さをしのぐより、ノートパソコンを持ち出して、涼しげな喫茶店の片隅で、ブログの文章を考える方が、地球環境保護や日本のエネルギー節約にも寄与できるのではないかと考えながら、書いている。

とりあえず、1時間程度であれば、スマホもノートパソコンも電池は持ちそうなので、時々はこんな時間の過ごし方もしてみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

スマートフォンをIS03からHTCJ(ISW13HT)機種変更した

永年AUユーザーの私は、auが本格的にスマートフォンに進出した「IS03」を一昨年の11月に予約購入し、これまで使ってきた。IS03が登場した時には、auが総力をあげてスマホに進出という雰囲気だったが、その後、次々と新機種が投入され、性能・機能もレベルアップが続いた。とはいえ、端末は2年間の割賦購入なので、あと半年待って割賦代金の支払が完了した時点で新しい端末に買い換えるつもりだった。

しかし、最近のauのスマホに追加された新規機能のうち、WiFiルーターの機能である「+WiMAX」は気になっていた。この機能があれば、ノートPCやipadを外に持ち出してもインターネットに繋ぐことができる。

当初、「+WiMAX」機能のもつ端末は、モトローラなどの海外メーカーの端末が中心で、WiFiルーターにはなるものの、一方、日本の携帯にはほとんど装備されている「おさいふケータイ」・「赤外線通信」・「ワンセグ」などはついていなかった。
しかし、今年の春モデルから、日本メーカーの端末にも「+WiMAX」機能のある製品画登場し、夏モデルでは海外メーカーの製品にも「おさいふケータイ」・「赤外線通信」などの機能が付加された端末が登場した。

次に買い換えるなら「+WiMAX」機能付にしようと思っていたところ、auから「IS03」「IS04」ユーザー向けにと、早めの機種交換を行った場合、残りの割賦代金にほぼ相当する10500円を新規の端末代金から割り引くというDMが届いた。
加えて、「+WiMAX」機能のついた端末のうち、海外メーカーのHTCの新機種HTCJの機種交換の実質価格が7月に入って値下がりし、割引の10500円とこれまで貯まったauポイント11000pをあわせると、新端末の代金の実質負担はほぼゼロに近いということで、思い切って機種変更した。

Htcjimage

最近、出張でビジネスホテルに泊まると、LAN接続が可能なところが増えてきた。しばらく前には、マイクロソフトのOffice Home and Business 2010 付でCPUが Core i5-2450M 重さ2kgのノートPC(HP Pavilion dm4-3000TU)がある家電販売店の通販サイトで5万円台で売られていたのを衝動買いしたので、これからは、新しいスマホと新しいノートPCをうまく使いこなしたい。

Hptimage

(追記 2012/7/12)

・電池の持ちはIS03に比べると、はるかに長くなった。朝出かける前にフル充電しておけば、ふつうの使い方をする限り、家に帰ってくるまで電池切れの心配はない。

・気をつけなればならないのは、ストラップをつけるための穴がついていないこと。私が買ったカバーにストラップ用の穴があいていたので、それを使っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

郷田真隆棋王、ネット将棋最強戦で広瀬七段、日本シリーズで三浦八段を下し、ようやく勝率5割に

今年(2012年)3月17日、自らの41歳の誕生日に、第37期棋王戦五番勝負第4局に勝利し、3勝1敗で久保利明棋王(当時)からタイトルを奪取し第37期の棋王となった郷田真隆棋王(九段)。2002年に棋聖位を佐藤康光王将に奪われて以来、10年ぶり4回めののタイトル獲得は、ファンとしてはよろこばしい限りだが、棋王となって以降の成績は、3月22日の竜王戦1組2回戦、4月12日の棋聖戦決勝トーナメント準決勝と深浦康市九段に連敗、5月7日の竜王戦4位決定戦1回戦で丸山忠久九段に、6月7日の王座戦本戦トーナメント2回戦で木村一基八段に敗れ、6月21日のA級順位戦1回戦では三浦弘行八段に敗れ、棋王獲得以降A級三浦戦までの成績は2勝5敗。この間、A級棋士やB級1組 在籍の元A棋士に悉く敗れており、不調と言われても仕方ない星勘定となっていた。

A級棋士やB級1組 在籍の元A棋士達は、実力的にはお互い紙一重。これまでの郷田棋王はこのクラス相手に指し分け、格下の棋士に確実に勝って、年間で勝率6割~6割5分を確保するというのが通常の年度のパターンだったように思う。
もう一つの特徴は、ここ数年は、何故か春先は今ひとつ調子が出ず、秋から年末、誕生月でもある3月に向けて調子を上げてくるというパターンが多いような気がする。
(秋からA級・B級1組クラスの2次予選が始まり、2月に決勝を戦う朝日杯将棋オープンでは2年連続ベスト4)

しかし、これらはいずれも過去の記録でしかない。ファンとしては、せっかくタイトルホルダーに返り咲いたのに、負けてばかりでは少し心配だ。

気をもんでいたら、6月24日のネット将棋最強戦1回戦で広瀬章人七段に勝ち、昨日(30日)の将棋日本シリーズの新潟での1回戦で順位戦で敗れたばかりの三浦弘行八段にも勝って、今年度の成績を4勝4敗、勝率5割に戻した。
どちらも持ち時間の少ない早指し戦。日本シリーズで過去3連覇した記録を持つ、郷田九段にとって早指しは得意とするところ。また、今年度で6回目となるネット将棋最強戦では初代の優勝者でもある。

暦も7月に入ったので、不調は春で終わりにしてもらいたい。これからは白星を重ね、王位戦や王将戦での挑戦者リーグ入り、A級制覇による名人挑戦、そして何よりも棋王タイトルの防衛で1年を締めくくってほしいものだ。

ネット将棋最強戦:郷田棋王vs広瀬七段の棋譜
http://live.shogi.or.jp/daiwa/kifu/6/daiwa201206240101.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »