« デル(Dell)ノートパソコン「Inspiron 910(mini9)」蘇生~むしろこれからがネットブックの時代ではないか? | トップページ | 郷田真隆棋王、第62期王将戦挑戦者決定リーグ戦白星スタート »

2012年9月22日 (土)

郷田真隆棋王、第71期A級順位戦3回戦で深浦康市九段を破りようやく今期A級初白星

郷田真隆九段が3月17日(2012年)に久保棋王から棋王位を奪取して、はやいもので、もう半年が過ぎた。
その後の郷田棋王の戦績は8勝8敗。ネット将棋最強戦では決勝まで駒を進めたものの、佐藤康光王将に敗れた。
気がかりは名人挑戦者リーグであるA級順位戦で、三浦弘行八段、羽生善治二冠(王位・棋聖)に連敗のスタートである。棋王戦五番勝負は、2月~3月に行われるため、A級順位戦の最終盤の8回戦、9回戦と重なる。心おきなく棋王位の防衛戦に臨めるようにするためにも、A級では早々に残留を決めておきたい。
郷田棋王(今期A級6位)より下位の高橋道雄九段、橋本崇載八段がともにすでに3連敗と不調で、郷田棋王がすぐさま降級候補というわけではないが、やはり早く連敗を止めておきたい。
郷田棋王はA級通算10期目だが、第64期に3度目のA級昇級を果たし、A級に定着してからの7年間は2連敗のスタートはない。この7年間は第65期と第67期で名人挑戦者となるなど、むしろ早々に残留を決め、最終9回戦の前にはいずれも残留を決めている。

3回戦(2012年9月21日)の相手は深浦康市九段。王位タイトル3連覇を果たした実力者で、過去の対戦成績は郷田12勝・深浦14勝と拮抗。タイトル戦の予選の準決勝あたりで当たることが多く、最近では第81期(2010年)と第83期(20102年)の棋聖戦の決勝トーナメント準決勝で対戦しいずれも郷田が敗れ、挑戦者決定戦への進出を阻まれた。
一方、前期(第37期)の棋王戦挑戦者決定トーナメントでは3回戦で郷田vs深浦戦があり郷田が勝ったが、この深浦九段戦に敗れていれば、郷田新棋王の誕生はなかったわけで、タイトルを目指す時に、お互い倒さなければならない相手ということになる。
実力者深浦九段も過去A級に3回昇級しながら、第63期4勝5敗、第65期4勝5敗、第67期3勝6敗といずれも、残留者と同成績をおさめながら順位差で降級の憂き目にあっており、今回が4回目の昇級。A級での1勝の重さを最も身にしみている棋士だろう。

郷田棋王の先手で始まった郷田vs深浦戦は、居飛車党の二人らしく、横歩取りの戦いに。後手の深浦九段が、郷田陣に△2八歩と桂取りの歩を打って戦局は一気に乱戦模様に。深浦九段は郷田陣の右桂を取る事に成功し、桂得。しかし、そこから更に攻めきってしまおうと角を捨てて角銀交換で成桂を作った。トータルの駒割は角と銀・桂の二枚換え。横歩取りなので、お互い、玉の守りはそれほど固くはない。
郷田棋王はに飛車を成り込み右から竜で深浦玉を脅かす。更に2枚の角を次々と打ち込み左から深浦玉を攻め、挟撃を目指す。
深浦九段も負けじと成桂に続き、飛車を成り郷田玉に迫る。自陣に角取りの銀を打ち、角銀交換を果たし、遠見の角で王手。
郷田棋王は角筋を避けながら、巧みに玉を逃げ、王手銀取りの桂打ち。最後は双方の玉が相手の追撃から逃れ自陣を出るが、郷田棋王が深浦玉の逃げ道をふさぎ、深浦九段の投了となった。

これで郷田棋王は今期A級初勝利。1勝2敗として3連勝で先行する羽生二冠、三浦八段を追う。残り6戦を全勝してほしいものだ。

郷田真隆棋王 vs 深浦康市九段戦の棋譜(「将棋の棋譜でーたべーす」より)
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=75970

|

« デル(Dell)ノートパソコン「Inspiron 910(mini9)」蘇生~むしろこれからがネットブックの時代ではないか? | トップページ | 郷田真隆棋王、第62期王将戦挑戦者決定リーグ戦白星スタート »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168560/55770539

この記事へのトラックバック一覧です: 郷田真隆棋王、第71期A級順位戦3回戦で深浦康市九段を破りようやく今期A級初白星:

« デル(Dell)ノートパソコン「Inspiron 910(mini9)」蘇生~むしろこれからがネットブックの時代ではないか? | トップページ | 郷田真隆棋王、第62期王将戦挑戦者決定リーグ戦白星スタート »