« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の記事

2012年10月21日 (日)

郷田真隆棋王、第62期王将戦挑戦者決定リーグ戦白星スタート

10月に入り、王将戦挑戦者決定リーグ戦が始まった。

今期のリーグ戦のメンバーは

①久保利明九段(前王将)
②豊島将之七段
③渡辺明竜王
④羽生善治三冠
⑤郷田真隆棋王
⑤深浦康市九段
⑤飯島栄治七段
の七名。

上位4名は、前王将の久保九段と前期リーグ戦の残留者3名、下位3名は予選の勝ち抜き組だ。

郷田真隆棋王は第58期以来4年ぶりのリーグ入り。前回は、4勝2敗1名、3勝3敗4名、2勝4敗1名の混戦。郷田棋王(当時九段)は3勝3敗の指し分けながら、順位の関係で残留を逃した。
今回、目標はもちろん挑戦だが、最低でも残留は果たしてほしい。

先週行われた1回戦(2012年10月17日)の相手は同じ予選勝ち抜き組の飯島栄治七段。郷田棋王は後手、戦型が相掛。郷田棋王は飯島七段の飛車に狙いを定め、徐々に追い詰め、飛車角交換を実現。それぞれ、交換で得た大駒を敵陣に打ち込む。飯島七段の攻めをかわしつつ、郷田棋王は打ち込んだ飛車が敵陣の最下段を横に走り、飛車成り。竜が下段から飯島玉を攻め、飯島玉は上部に活路を求めたが、郷田棋王の駒に包囲され、投了となった。

1回戦と2回戦の羽生vs深浦戦を終えた時点の成績は
2勝 深浦九段
1勝 渡辺竜王、郷田棋王
1敗 羽生三冠、久保九段、豊島七段、飯島七段

今週2回戦の残りの2局と3回戦の羽生vs久保戦が行われる。郷田棋王の2回戦の相手は豊島将之七段。3回戦は深浦九段。豊島七段、深浦九段と撃破して、一気のトップを狙ってほしい。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »