« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月26日 (火)

ブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」90万アクセスと7周年が1日ちがい

2006年2月26日から書き始めたこのブログ「栄枯盛衰・前途洋洋」。この2013年2月25日にアクセス数が90万に達し、翌日26日に7周年を迎えた。

アクセス数の方は、70万アクセスが2011年5月29日、80万アクセスが2012年4月11日、90万アクセスが2013年2月25日ということで、80万から90万の10万アクセスに10ヵ月半ほど、70万から80万への10万アクセスとほぼ同じペースだ。
最近は、毎日のアクセス数が300アクセス前後であまり変化がなく、できればもう少しペースアップしたいところだが、最近は更新の間隔も間が空いているのでやむを得ないところだ。

これまで、周年と10アクセス単位の節目で、記事を書いていたので、昨年6周年は何を書いていたかと遡ってみたら、6周年の記事は書いていなかった。
当日は、将棋の第37期棋王戦五番勝負の第2局で、私がずっと応援している挑戦者の郷田真隆九段が当時の久保利明棋王に挑戦し、初戦黒星の後、二戦目で会心の将棋で初勝利をあげ、1勝1敗としてタイトル奪取に向けた大きな一勝をあげた。その日の記事はそのことで占められ、その後も、郷田九段が勝ち星を重ね3月半ばには3勝目をあげ棋王タイトルを奪取したので、6周年はまったく頭に浮かぶことはなかったようだ。

今年は郷田棋王がタイトルホルダーとして防衛を目指す立場で、渡辺明竜王の挑戦を受け、1勝1敗。改めて三番勝負。今年は、郷田棋王に防衛を果たしてほしいと思いながら、7周年を迎えた。(2013年3月10日記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

第26期竜王戦1組1回戦、郷田真隆棋王は久保利明九段を破り2回戦進出

年が明け、竜王戦の1組でも秋の七番勝負に向けて、予選にあたるランキング戦のトーナメントが始まった。

先日、棋王戦五番勝負第1局を終えたばかりの郷田真隆棋王は1回戦で久保利明九段と対戦。1年前の棋王戦五番勝負と同じ組み合わせだ。
後手となった久保九段はゴキゲン中飛車。それを先手の郷田棋王は超速▲3七銀戦法で迎え撃つ。これも、棋王戦の時と同じ。

久保九段は美濃囲い、郷田棋王は銀冠に構えて対峙する。激しい攻め合いになり、100手過ぎたあたりから久保九段の猛攻が始まり、郷田玉を脅かすが詰め切れない、135手目に郷田棋王が▲4二飛車と久保玉の横筋をにらみ馬取りに打ち込み、郷田棋王が攻めに転じた。そこから30手ほどの攻防の中で、郷田棋王が横と上から久保玉を追い詰めて168手で久保九段の投了となった。

2013年2月7日第26期竜王戦1組ランキング戦1回戦 
郷田真隆棋王 vs 久保利明九段戦の棋譜 
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmds=display&kid=77071

これで郷田棋王は2月に入り、A級順位戦の高橋九段戦、棋王戦第1局の渡辺竜王戦に続き3連勝となった。これで、2012年度の戦績も37戦で22勝15敗、勝率0.594。対局数、勝数では上位20位内に入ってきた。勝率6割までもあと一歩。
次の対局は棋聖戦の決勝トーナメント1回戦で戸辺誠六段と。勝ち星を積み上げ、当面の最大の目標棋王位防衛に向けて調子をあげていってほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

第37期棋王戦五番勝負第1局、郷田真隆棋王が挑戦者渡辺明竜王を破り初防衛に向け貴重な勝利

2日前にA級順位戦8回戦を戦い終えたばかりの今日(2013年2月3日)、郷田真隆棋王に挑戦者渡辺明竜王が挑む、第37期の棋王戦五番勝負が開幕した。

昨年3連覇の久保棋王から棋王位を奪った郷田棋王に挑むのは、昨年年末から年始にかけ、王将戦、棋王戦と連続挑戦を決め、1月に始まった王将戦七番勝負で佐藤王将に2連勝と好調な渡辺明竜王。

挑戦を受ける郷田棋王は、過去王位1期、棋聖2期とタイトル獲得経験があるが、いずれも防衛に失敗しており、4回めの防衛戦となる今回こそはぜひタイトル防衛を果たしたいところ。

昨年戦った久保棋王が生粋の振り飛車党で、挑戦者の郷田九段が久保のゴキゲン中飛車や石田流三間飛車の牙城をどう崩すかが焦点だったのに対し、今回はお互いに居飛車の本格派。後手では二手目△8四歩と相手の作戦を受けて立つ棋風も似通っている。

2日前のA級順位戦で、郷田棋王は高橋九段を破り5勝目を上げたのに対し、渡辺竜王は羽生三冠と名人挑戦を争う大勝負で、優勢と言われていた将棋を逆転で敗れている。
順位戦から一夜開けた昨日には、二人は対局場の検分や前夜祭のため長野入り。休みなしのハードスケジュールである。2日前の結果が影響するのかしないのか、しないのか。
昨年は、王将位と棋王位の二冠だった久保利明九段が、A級降級の危機の中、2タイトル戦で佐藤康光九段、郷田真隆九段の二人を受け、結局、A級陥落、2タイトルとも失冠という厳しい結果だった。今年は、挑戦者の渡辺が二足のわらじ。

王将戦が二日制の七番勝負に対し、棋王戦は1日制の五番勝負。短期決戦だけに、第1局は勝利してスタートダッシュをかけたいところ。第1局は振り駒の結果、郷田棋王の先手となった。
戦型は居飛車党の二人らしくお互いに飛車先の歩を伸ばしあう「相掛かり」に。郷田棋王は金矢倉、渡辺竜王は変形銀冠と守りを固め、攻めてをうかがう。渡辺棋王が端攻めを狙えば、郷田棋王は玉の上部から飛車がにらみ、さらに中央に駒を集め斜めからも渡辺陣を狙う。
最初に仕掛けたのは渡辺竜王。郷田棋王は手抜きで攻め合い。しかし、渡辺竜王更に手抜いて、△8五に桂馬が跳ね、端に回した飛車と、遠見の角とあわせ△9七の地点に照準を合わせる。郷田陣ピンチと思われたが、ここで、▲9六香と打った郷田棋王の一手が渡辺の攻めを遅らせ、自分の攻めの時間を捻出する好手だったようで、郷田棋王が「と金」作りに成功。その「と金」が、渡辺陣の守りの要の金を取る働きをし、この手が利いたことで、形勢も郷田有利に傾いた。
終盤になって渡辺竜王の残り時間も少なかったこともあり、その後は渡辺竜王から逆転手が出ることもなく、郷田棋王が勝ちきった。

郷田vs渡辺戦は先手が5勝2敗と有利という。今回の郷田の勝利で6勝2敗。むしろ、今日の勝利で最強の挑戦者渡辺竜王との力関係は互角というところだろう。
後手番で戦う金沢市での第2局も勝って、タイトル初防衛を果たしてほしいものだ。

棋王戦第1局 郷田棋王vs渡辺竜王戦の棋譜
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/38/kiou201302030101.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

第71期A級順位戦8回戦、郷田真隆棋王は高橋道雄九段を破り5勝目

 2013年2月1日、大詰めを迎える将棋の第71期A級順位戦はラス前の8回戦、いっせい対局を迎えた。

ここまでの成績は以下の通り

6勝1敗:羽生善治三冠(1)
5勝2敗:渡辺明竜王(2)、三浦弘行八段(3)
4勝3敗:屋敷伸之九段(5)、郷田真隆九段(6)
3勝4敗:佐藤康光王将(7)、深浦康市九段(10)
2勝5敗:谷川浩司九段(4)、高橋道雄九段(8)
1勝6敗:橋本崇載八段(9)

4勝以上の5名は既にA級残留が決定。また、まだ名人挑戦の可能性が残る。
3勝以下の5名はまだ降級の可能性が残る。

8回戦の組み合わせは、
羽生vs渡辺、三浦vs深浦、屋敷vs佐藤、郷田vs高橋、谷川vs橋本

それぞれ、何らかの形で挑戦、昇級に絡む。

挑戦は、羽生vs渡辺戦で羽生二冠が勝てばプレーオフ以上確定。あわせて三浦八段が負ければ挑戦決定。羽生が負けた場合、3敗者までプレーオフの可能性が残る。
降級については、佐藤と深浦は勝てば残留確定。橋本は負ければ、残留確定。

郷田棋王は高橋九段との対戦。郷田棋王は、羽生二冠が今後2連敗し、自ら2連勝した場合に挑戦者決定プレーオフ進出の可能性がある。高橋九段は、自分が負け深浦、谷川が勝つと降級が決まる。
郷田先手で始まった対戦は横歩取りの展開に。高橋九段は後手△8五飛に構える。途中までは別室の羽生vs渡辺戦と同じ展開で進む。高橋九段が△8五の飛車を△5五へ回す松尾流を選択し、別の展開に。
お互いに馬を作り、さらにその馬が中央でぶつかりあう。当初、控え室のプロ棋士の見方は高橋有利だったが、中央での押し合いの中で郷田棋王が挽回が進んだ。高橋九段が自陣に成り込んだ竜の力の押さえ込みに、また中央で自陣を狙う飛車の動きもうまく封じ込め、高橋九段の投了となった。

郷田棋王は5勝目を上げたが、羽生vs渡辺戦で羽生三冠が逆転で勝利したため、挑戦の可能性はなくなった。しかし5勝目を上げたこと、来期の5位以上が確定した。最終9回戦は、棋王戦で挑戦を受ける渡辺竜王との対戦。来期の順位3位を目指して戦う。

全5戦の結果は以下の通り。挑戦も降級も決まらず、すべては9回戦に持ち越しとなった。
○羽生vs渡辺、○三浦vs深浦、屋敷vs佐藤○、○郷田vs高橋、谷川vs橋本○

8回戦を終えての成績は
7勝1敗:羽生善治三冠(1)
6勝2敗:三浦弘行八段(3)
5勝3敗:渡辺明竜王(2)、郷田真隆九段(6)
4勝4敗:屋敷伸之九段(5)、佐藤康光王将(7)、
3勝5敗:深浦康市九段(10)
2勝6敗:谷川浩司九段(4)、高橋道雄九段(8)、橋本崇載八段(9)

9回戦の組み合わせは
羽生vs橋本、三浦vs高橋、渡辺vs郷田、佐藤vs深浦、屋敷vs谷川

挑戦にも降級にも関係ないのは、渡辺vs郷田戦だけ。
挑戦については、羽生は勝てば決まり。羽生が負けて、三浦が勝てばプレーオフ。
降級については、
深浦は勝てば残留。負けても、谷川、高橋、橋本の3人のうち2人以上が敗れれば残留。
谷川は勝てば残留。負けても、高橋、橋本の2人とも敗れれば残留。
高橋は負ければ降級。残留の条件は、自分が勝って、深浦、谷川のどちらかが敗れること。
橋本も負ければ降級。残留の条件は、自分が勝って、深浦、谷川、高橋の3人のうち2人以上が敗れること。

9回戦、3月1日の将棋界の一番長い日に全てが決まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »