2020年7月26日 (日)

門田隆将『疫病2020』

何事も渦中にいると、目の前の事に追われがちだ。年明け以降の新型コロナウィルス感染拡大の中での出来事も、メモして残したおかないと、いつ何が起きて、自分が何をしたかさえ曖昧になってくる。
そんな中で、その時、武漢や日本で何が起きていたか、いち早くまとめた本が出た。門田隆将の『疫病2020』(産経新聞出版)。アマゾンで見つけてすぐ注文し、昨日届いた。


この作者は、東日本大震災の時の福島原発事故の現場での格闘を描いた『死の淵を見た男』で知った。膨大な情報収集と緻密な取材で執筆していると思わせる内容だった。


『疫病2020』の方は、まだ、読んでいる途中だが、いかに自分が、一連の新型コロナウィルス感染拡大の真相を知らなかったかを痛感した。
中国が感染発生当初、露骨に情報の隠蔽をしたこと、日本でも後に感染拡大防止や治療の最前線に立った医療の専門家も、当初は楽観的なコメントをしていたこと、安倍政権や厚生労働省は全く危機感を欠き無為無策で、この不作為が後に国民に大きな負担を強いることになること。
再び、緊急事態宣言による自粛が緩和され、6月以降少しずつ日常が回復され出したこととに少し遅れて再び感染者が増え始めた中、読む価値があると思う。
政権や厚生労働省などの言うことを鵜呑みにせず、自分の身は自分で守るしかない。

 

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

FACEBOOKでの7日間ブックカバーチャレンジ

新型コロナウイルス感染拡大で、家にいる機会が増えた時の退屈しのぎということだろうか、FACEBOOKで「7日間ブックカーバーチャレンジ」というイベントが流行りだした。

7日間、自分が読んで面白かったと思う本のカバーの写真を投稿する。①本の内容の説明は不要。②毎日一人、友達をブックカバーチャレンジに招待するとうのが条件になっていた。私のところにも、友人から招待が来たので、やってみた。

投稿している人を見ていると、ルールをきちんと守ろうとする人もいれば、紹介した本の内容についても詳しく紹介している人もいる。最後の日に一人だけ招待する人もいた。私も、招待を受け、自分のネタを書くのには困らなかったが、毎日1人の招待は無理だった。

私のブックカバーチャレンジにコメントをしてくれたり、「いいね!」を押してくれた人に、招待していいかメッセージを出すと、やってもいいと言う人は、パスという人はほぼ半々だった。パスの理由の中に、毎日1人で7人も招待できないという声もあった。

イベントを考えた人は、なるべく負担のないようにということだったのだろうが、毎日1人の紹介は負担だと思う。また、私自身は表紙の写真だけでは、飽き足らず、本の内容や著者について紹介したくなり、途中からルール無視で書き始めた。やり終えて思ったのは、7日では紹介しきれない本や、作者がまだまだいることだっと。

ならば、自分で書けばいい。松岡正剛の「千夜千冊」には及ぶべくもないが、私の書いた本の話題を読んで、その本を手に取ってくれる人が一人でもいればいいではないか。このブログでも、ずいぶん本のことを書いたが、基本はそのとき、読んだ本のことである。そして、ほぼ3年間は休眠状態。自分の読書歴を棚卸しして、本の話題を中心に、少し書き始めてもいいかなと思い出した。

いつまで続くかわからないが「私家版ブックカバーチャレンジ」をはじめようと思う。

 

| | コメント (0)