2011年3月13日 (日)

東日本大震災のその日

「東北地方太平洋沖地震」と名付けられた大地震発生から2日が過ぎた。

3月1日に新しい職場に移ったばかりで、なおかつ、前の会社での転出の人事発令が出て、新しい職場に移るまでほとんど間がなく、前の会社でお世話になった人で挨拶できていない人も多かった。
地震が起きた日(2011年3月11日)の午前中は、挨拶できなかった人のところを改めて回り、昼も、以前お世話になった先輩とランチをとって、これで、挨拶回りも一段落。

新しい職場では、さっそく、来週、出張ということになり、午後からは出張のための資料を読み出したところだった。

2時半を回り、資料の読み込みにも退屈し始めた頃、床が揺れたような気がした。9日、10日と2日続けて地震があったので、また余震かと思っていたが、この2日間の地震を上回る大きな揺れで、小さなキャビネの上の本がバラバラと床に落ちた。新しい職場での私のオフィスは3階、とりあえず、机の下にもぐり込み、揺れがおさまるのを待った。
少し揺れがおさまったところで、職場のTVをつけてもらう。NHKでは、地震速報のテロップが流れ、すぐ、臨時ニュースを伝えるアナウンサーの映像に切り替わった。震源は東北地方の沖、2日前の宮城県沖の地震より規模が大きいようで、マグニチュードは7.9、震度7のところもあり、震度6強、震度6弱の地域は多地域にわたり、東京も震度5弱と表示されたように思う。さらに、沖合地震に不可避の津波については、多くの地域で「大津波警報」の対象になっており、その高さは6m、あるいは10mと言われていた。
今までの地震で、津波警報は聞いたような気がするが、「大津波警報」という用語は初めて聞いた気がする。

通常の地震であれば、ある程度の情報を確認したところで、テレビを消し、仕事に戻るところだが、どうも尋常ならざる地震の規模に、誰も仕事が手につかない。
しばらくすると、TVで、ヘリコプターや高台にあるカメラからの各地の海岸や港での津波の様子が写され始めた。沖合に津波の波頭が見えたと思うや、みるみるうちに波が迫り、船や車を巻き込み、濁流となって家を押し流す様子が放送される。
仙台市の名取川近くでは、砂浜を乗り越えた津波が川を遡る一方、平野をもどんどんと飲み込み、家や車を押し流し濁流となって、道路を走る車に迫る。気がついたのか、慌てて方向を変え、濁流から逃げる車もあった。
名取川にほど近い仙台空港も濁流に覆われ、ビルと滑走路の一部しか見えない。航空機の姿は見えなかったので、たまたま、駐機している便がない時間帯だったのだろうか。空港のビルの屋上には、多くの人が避難していた。
ハリウッドのパニック映画よりも、生々しく厳しい現実がそこには写されていた。

TVのニュースを見ている間にも、数回、大きな余震があった。最初の地震のマグニチュードは、その後、8.4、8.8と修正され、明治以降の日本の観測史上、最大の地震ということになった。
さらに、今日になって9.0への3度目の修正が行われ、世界の観測史上4番目の大地震ということになった。

午後5時半を過ぎ、通常なら、順次、職場から皆が帰り始める時間だが、首都圏の鉄道各社は地震後の点検のため、全社が運転が止まっている。本震のあとも、大きめの余震が2回、震度2~3程度の揺れもたびたび起こり、なかなか点検が終らないというのが、鉄道各社の実情だったと思う。

職場の同僚の中には、同じ社宅のメンバーと連れだって、歩いても4時間歩けば帰れると5時半頃職場を出た猛者もいた。(結局、彼は11時過ぎに帰宅したと連絡があった)
私は、幸い家族全員の無事が確認できたのでとりあえず安心し、歩いて帰る覚悟を固めつつ、情報源として頼る携帯電話のバッテリーがなくなる寸前だったので、フル充電してから帰ることにして充電を始めた。
充電が70%ぐらいになったころ、枝野官房長官が、「職場のような安全な場所にとどまれる人は、帰宅途中での2次災害を避けるため無理に帰ろうとしないでほしい」とのコメントを出したとニュースで伝えられたため、とりあえず、職場にとどまることにした。

首都圏の鉄道のうち、JR東日本は、11日中の運転再開はないと発表。職場でも、JRを使えないと帰れない人たちは、職場での夜明かしを覚悟したようだった。
誰かが、どこかかから、緊急時用の食料である缶入りのクラッカーとお湯を加えると食べられる五目ごはん、それに毛布を持ってきてくれて、いよいよ泊まり込む用意は万全となった。

用意された食料を食べ、毛布をまとって自分のデスクで仮眠しようとするが、夜になっても、時々、小さな余震はあり、なかなか寝られるものでもなかった。

そうこうしているうちに、夜の10時ぐらいだったか、都営地下鉄や東京メトロの一部路線の運転を再開した。私が家まで帰るためには、西武鉄道の新宿線か池袋線、職場がある日比谷・霞ヶ関界隈から西武線の乗り換え駅である新宿・高田馬場・池袋などに繋がる地下鉄が運転再開をしてくれなければならない。
しかし、すでに夜11時を回っている。通常なら23時、0時台が終電。こんな日だから運転再開となれば終夜運転だろうとは思うが、その確認ができなければ、むやみやたらと外にでても帰宅難民になるだけである。

夜12時過ぎた頃に、「小田急線運転再開、終夜運転」とTVニュースでテロップが流れる。ほどなくして「西武新宿線・池袋線再開、終夜運転」との情報。新宿に繋がる東京メトロの丸の内線、高田馬場に繋がる東西線も運転再開した旨は、東京メトロのホームページで確認できたので、丸の内線の霞ヶ関駅まで行ってみることにして、職場を出た。

霞ヶ関駅に着くと、丸の内線も終夜運転との表示。とりあえず、これで家までは帰れる。
すでに時刻は午前1時前後。5分ほど待つと、電車が到着。赤坂見附で一気に混んだが、まあ、朝のラッシュ並み。新宿で下りて、西武新宿まで歩く。
西武新宿駅に着くと、駅に併設しているショッピングビル「PePe」の入り口の前で長蛇の列。入場制限されているらしい。「ここで、30分、1時間待たされるなら、職場で夜明かしした方がよかったかな」と思ったが、10分も待たないうちに列が動き出し、その後は、順調に列が流れた。駅の改札前には警察官が何人もいて、入場制限の指示を出していた。

ちょうど、到着した電車は私にとってもっとも都合のいい「準急」だった。次の高田馬場で混むことを予想したが、乗る人はまばらで、あとはすんなり、自宅の最寄り駅に着いた。すでに、午前2時を回っていた。駅から少し離れた自転車置き場から自転車に乗り、家に帰り着いた時には、2時半近かった。

いつもは子ども3人が2階に寝て、私と妻が1階の和室に寝ているのだが、帰ってみると、1階のリビングの床に、布団を敷いて家族4人が寝ていた。長い1日が終った。

私も着替えて、家族の雑魚寝の中に身を横たえたが、なかなか寝付かれず、1時間程度しか寝られなかった。

<2011年3月14日追記>「東日本大震災」については、「関東東北大震災」という呼称も使われている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

自然の営みの偉大さを改めて教えてくれる『ハチはなぜ大量死したのか』を読み終わる

先週から読み始めた『ハチはなぜ大量死したのか』を昨日読み終わった。米国で発生したミツバチの大量死を扱ったサイエンス・ノンフィクションである。作者のローワン・ジェイコブセンは、食物や環境に関して新聞や雑誌、ウェブサイトなどに記事を書いているライターということらしい。

ハチはなぜ大量死したのか

2006年の秋から翌年の春にかけて米国各地で起きミツバチの大量死。それまでのミツバチの総数の四分の一ほどが、巣箱に戻らず失踪したという。米国では、こにミツバチの大量失踪死は、「峰群崩壊症候群(ほうぐんほうかいしょうこうぐん)=Colony Collapse Disorder」、頭文字を連ねて「CCD」呼ばれている。

本書は、筆者が養蜂家やミツバチの研究家を取材し、その原因を解き明かそうとする過程をまとめたものである。
本書では、何が異常なのかを明確にするため、本来の健康、健全なミツバチの生態について、詳しく説明した上で、丹念に原因と思われる様々な事象に迫っていく。
米国のミツバチ(セイヨウミツバチ)の天敵であるミツバチヘギイタダニ、ミツバチの躰を蝕む各種の細菌やウィルス、乱開発による生存に適した地域の減少、工業化された農作物生産の中で使用される農薬、またその工業化された農作物生産の大量生産の一環をなす受粉のため酷使されるミツバチ、様々なものがミツバチの生活を脅かしている。
研究者も、養蜂家も「CCD=峰群崩壊症候群」の原因を特定できいるわけではない。むしろこれらの要因が複合的に重なりあったことで、ある限界を超え、精密機械のようなミツバチの生態に狂いが生じ、大量の働きバチが、帰巣途中に息絶えたというのが実態のようだ。

本書は、ミツバチの危機を語ることで、我々を取り巻く自然環境に大きな危機が忍び寄っていることに警鐘をならすものである。ミツバチが働くことができなくなれば、ミツバチに受粉を頼る多くの作物も実らなくなる。
自然は、自ら復元力を持っているが、人間が経済的合理性のみで、それに手を加えたことで、生態系の弱い部分の連環が途切れようとしているのではないか。このミツバチの大量死も、自然の復元力のなせる技なのか、すでに人為的な力があまりにも加わりすぎて、復元不可能なところまで来てしまったのか、結末がわかるのはこれからというところだろう。

本書の解説を『生物と無生物のあいだ』や『できそこないの男たち』などで話題の青山学院大学の福岡伸一教授が書いている。彼が専門とする「狂牛病」と比較しながら、CCDを語っている。
本書によれば、ヨーロッパでは、「CCD」を「狂蜂病」と呼んでいるという。牛も蜂も狂わせてしまった自然の摂理を無視した工業的な農業は、もうとっくの昔に行き詰まっていたということだろう。
それは、私には、米国の低所得者向けの住宅ローンであるサブプライムローンを証券化した資産運用商品の組成、販売、購入に狂奔した現代の資本主義経済と重なって見える。

「デファクトスタンダード (de facto standard)=事実上の(世界)標準 」という名のもtに押しつけられてきた「アメリカンスタンダード」に日本がなびく時代は終わったのだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

夕暮れの富士(2008年12月7日)

夕方になって、なんとはなしの外を眺めてみると、西の空があかね色に染まっている。

こんな日はもしかするとと思い、2階のベランダに上がり西の方角を見ると、夕焼けの中に、くっきりと富士山が見えた。

デジカメ(パナソニックのDMC-FZ7)を西に向け、ベランダの手すりの上に置いて固定し、12倍のズームを最大にして撮影した。
写真のExifデータで確認すると、撮影時刻は16時54分。



昨年の10月にも、一度富士の写真を取り上げたことがあるので、そちらとも見比べていただければと思う。

2008年10月28日:台風一過、朝夕に富士を見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

昨日(2008年3月27日)の千鳥ヶ淵の桜

昨日は、お昼時に上野の国立博物館で薬師寺展を見た後、千鳥ヶ淵に桜を見に行くことに。

国立博物館近くに、数年前に開館した国際こども図書館に寄り、東京芸術大学の正門も前を通り、谷中地区を抜け、東京メトロの根津駅まで歩く。そこから、千代田線に乗り��大手町で半蔵門線に乗り換え、九段下駅へ。

北の丸公園前の出口に出ると、平日の午後とはいえ、かなりの人出だった。みな、お目当ては、北の丸公園や千鳥ヶ淵の桜のようだ。

坂を上り、北の丸公園への入り口を通り過ぎて、千鳥ヶ淵の散策路の入り口へ。やはりかなりの人出で、前の人にぶつからないようにノロノロと歩く。

P1000461






歩道を覆う桜、対岸の北の丸公園側の桜ともに八分咲きというところだろう。
平日とあって、すでにリタイアした年配者が多いように見えたが、中にはスーツに鞄を抱えたサラリーマン姿の人も。途中、全く進まなくなったと思ったら、TVのレポートの撮影だった。
P1000465jpg








お濠には、カップルの乗るボートがたくさん浮かんでいた。ボート乗り場は、かなりの人の列で、30分くらいは待たないとのれなかったのではないだろうか。

P1000468








15分ほどかけて、散策路を歩き、その後は一番町を抜け、東京メトロ麹町駅まで歩き、帰ってきた。

平日でもあの人出なので、満開となりそうなこの週末の土日は相当な人出になるのではないかと思う。今日(28日)夜からはライトアップも始まるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

3月になった、紅梅と白梅を見る

ついこの間、2008年が始まったばかりだとおもっていたのに、もう3月になっている。「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」とは、昔からよく言われるけれど、毎年この季節になると納得する。

「花粉症」とおぼしき症状には、依然として悩まされていて、けっこう辛い。それでも、家にこもってばかりでは、体にもよくないと思い、午後、少し外に出て歩く。

いつも歩く我が家から近くの私鉄の駅まで往復1時間のウオーキングコースだが、いつも見慣れた道でも、季節の変化がある。今日は、紅梅と白梅の両方が咲いているところがあり、思わず携帯電話のカメラで写真を撮った。

HI370037

この写真では、あまりきれいには見えないけれど、実物はなかなかだった。

そういえば、明日は3月3日の桃の節句。我が家には、娘が2人いるのだけれど、雛人形を飾る年頃でもなく、雛人形は押し入れの中に入ったままだ。

「去る」と言われる3月に、来年度4月以降に何をやるのか公私ともに、少し考えなくてはいけないと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

台風一過、朝夕に富士を見る

我が家は、東京の西の郊外にある。数年前に、建て売りを購入した。住み始めて、セールスのチラシには書いてなかったことを発見した。2階のベランダから、晴れた日には富士山が見えたのだ。
某大手ハウスメーカーが販売したものにも関わらず、仕上げが雑で、実際の検収の際には、かなりもめたので、「富士見」のベランダにちょっと得した気分になった。
もちろん、いつも見えるわけではなく、空気が澄んだ日に限られる。雨降りの翌日の晴れた日、特に冬場の朝が見える確率が高くなる。

昨日の東京は、台風の接近で一日雨。特に、風が強かった。「今日は、見えるかもしれない」と朝起きて2階のベランダに出てみると、白い富士山の稜線が澄んだ青い空にくっきり見えた。さっそく、デジカメを手にして、写真を数枚。


しかし、いつもは昼になると車の排気ガスなどで見えなくなることが常なので、その後はあまり気にしていなかった。

夕方になって、「ベランダに干した洗濯物を取り込んで」との妻の声がしたので、ベランダに出てふと西の方を見ると、そこには暮れかけてオレンジ色に染まっていく空に、まだ富士のシルエットが見えた。また、デジカメを出してきて、シャッターを切る。


日曜日ということで、平日よりは車の排気ガスの量が少なかったのだろう。めったに見ることのできないものを見せてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

朝の筑波山

昨日・今日は、用事があって、茨城県の下館に行ってきた。(旧下館市、現在は市町村合併で筑西(ちくせい)市)


写真は、今朝の6時半過ぎに宿の近くをウオーキングした時に撮ったものである。

朝焼けに赤くなる空に、浮かび上がる稜線は、なんとも神々しい。
関東平野は、平地が続き、大きな山がないので、筑波山自体はさして高い山ではない(男体山で871m、女体山で877m)のだが、その美しい姿は遠くからも眺められ、信仰の対象にもなってきた。

深田久弥の『日本百名山』でも、選定基準を自ら1500m以上の山と設けていたにもかかわらず、筑波山については、その美しさや歴史から、特例として百名山の一つに加えられている。

山頂に登った人の話では、頂上からは関東平野が一望できるという。「つくばエクスプレス(TX)」も開通し、東京からも行きやすくなったこともあり、今年こそは、筑波山の登ってみたいと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

「小寒」、「寒の入り」、「寒の内」と「節分」の話

今日は、二十四節気の「小寒(しょうかん)」。小寒から大寒(1月20日)を経て節分(2月3日)までが「寒の内」とされることから、小寒は「寒の入り」でもある。(参考:『美しい暦のことば』(山下景子著、インデックスコミュニケーションズ))いよいよ寒さも、本番というところだ。

ちなみに、今回、この小寒の記事を書くために調べてわかったことがもう一つ。上にも記した「節分」だが、その意味は「節をける」ということで、本来は立春、立夏、立秋、立冬のという新しい季節の始まりの日の前日を指すとのことらしい。中でも、2月の立春の前日がいわゆる年中行事の「節分」として、現在も残っているのは、グーグルで「節分」を検索して、上位に表示されるサイトやブログで確認すると、立春をもって1年の始まりと考えたことによるとの解説がされている。

数年前、高校の同級生と厄年の話をしていた時に、暦通りに1年が終わったところで、厄年が終わりと思っていた私に対し、彼は「厄年の区切りは節分」と教えてくれた。その時は、「へえー、そうなの」という程度で、その由来を確かめることもしなかったが、1年の始まりを立春と考えれば、その前日の節分は、いわば大晦日と同じであり、厄年がそこで終わるというのも納得できる。

何歳(いくつ)になっても、知らないことはあるものである。

ちなみに、今日の東京の気温を見ると、13時現在で、最低気温は3.0℃、新年の6日間で見ると、元旦の2.0℃に次ぐ冷え込みだ。気圧も下がっていて、新年はじめて冷たい雨の降る1日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

「冬至」の日の朝寝坊

今日は「冬至」。今年最後の二十四節気になる。一年で一番夜の時間が長い一日である。先週あたりから、明け方6時頃でも、暗く寒かった。なかなか、起きられず、朝のウオーキングもとぎれがち。そうしていたら、とうとう、今朝は、朝寝坊をしてしまった。

いつもは、6時には起きるのを目標にして、目覚まし時計もかけている。15分ほどウオーキングをして、余裕があれば6時半からのラジオ体操をし、その後、着替えて、6時50分くらいには朝食を食べ始め、7時15分には自転車で家を出て、23分頃には駅近くの駐輪場に自転車を止め、25分には駅に着き、7時27分の準急に乗るというのが、私の朝の理想的なスケジュールである。

しかし、今朝は5時頃一度トイレに起きたものの、まだ早いともう一度、寝床に入ったのが運の尽き。ねぼけまなこの妻が、隣のふとんで意識朦朧としながら、「ずいぶん遅くない?」と呟いているのに気がついて飛び起きたところ、時計は既に7時40分を過ぎていた。職場まではDoor to Doorで1時間余、始業は8時40分なので、すでに遅刻確定である。あわてて、顔を洗い、髭を剃って、着替え家を飛び出したが、すでに8時を回っていた。おまけに、昨日から私の自転車はパンク。次女の自転車を借り、駐輪場では代車の認定をしてもらわなくてはならず、余計な時間がかかる。結局、職場にたどり衝いたのは、9時15分頃だった。

これまで、停電や事故で電車が遅れて遅刻したことは何度かあるが、朝寝坊をして遅刻をしたのは、20年振りくらいではないだろうか。記憶にあるのは、まだ独身で、福岡勤務のころ。前日、飲み過ぎで、独身寮で目覚めた時は、その当時は、通勤時間は30分で、8時に出れば十分間に合うような場所に寮があったが、起きたのは8時半頃で、あわてて大通りまで出て、タクシーを拾ったが、9時を少し過ぎてしまった。 その後、朝寝坊で遅刻した記憶はない。

なんとも、情けない話である。明日からは、心機一転、早起きを心がけなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

気象庁ファンクラブ「地球ウォチャーズ」(気象友の会)の話

「地球ウォチャーズ」-気象友の会-という会がある。パンフレットでは、

「気象・海洋・地震・火山」など、地球をとりまく自然現象に関心ある方が集い、気象庁の仕事について理解を深め、気象庁職員との交流、会員相互の親睦を通じて、気象知識の向上、地球環境への関心と防災マインドの高揚を図ることを目的としています。

と説明されている。個人会員は入会金1000円、年会費3000円。少々お堅い文章で、いかにもお役所の人が書いたという感じで、これを読んですぐにでも入会したいと思う人も少ないだろう。

ただ、私個人としては、このブログでも、何回か気象関連の記事を書いたように、「気象知識の向上」という点には関心もニーズもある。

かつて、職場の部下から「拓庵さんは、謎解きが好きなんですね」と言われたことがある。大きなことであれ、小さなことであれ、自分の身の回りで起きている出来事が、どのような仕組みで起きているかについては、確かにとても興味がある。気象の世界は、当たり前のように目の前で起きているけれども、その仕組みを正しく理解し、説明できるかと言えば、心許ない。また、それだからこそ、正しく知りたいとも思う。謎解きとしては、地球規模のスケールでかなり大きい部類に入るだろう。

気象庁にいる知り合いから勧められたこともあり、入会してみようと思っている。入会時には、会員の生まれた日の天気図などもくれるらしい。会員になると、他にどんな情報が得られるのか、1年間試してみることにする。ブログのネタになるような情報があれば、どんどん紹介していきたい。

「地球ウォチャーズ」-気象友の会-のホームページはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)